お仕事報告

劇場版「進撃の巨人」Season 2~覚醒の咆哮~リヴァイバースデーver.前売券

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

完全数量限定・アニメイトI.Gストア限定 リヴァイバースデーver.前売券:1,500円(税込)

こちら浅野様監修のもと描き下ろし描かせて頂きました。

 

 

撮影特効様、仕上げ様、背景様、制作様どうも有難うございました。

 

 

仲間からの贈物は公式様から細かく指定があり、其々誰からの贈物なのかはお答え出来ませんが

想像しつつ楽しんで頂けますと幸甚です。

 

 

早速、いつも応援して下さいますTwitterフォロワー様から「早速予約しました!」とご報告頂きました。

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

わざわざお時間を割いてブログに足を運んで下さった方へ制作秘話をお話したいのですが、一番気になるのはやはり、どれが誰からのプレゼントかという事に尽きると思うのですが、でもこれはやはりご覧になる方の想像に委ねた方が楽しいのかなと思います。

 

 

私もポニキャ発注様に、なぜこの人はこれをプレゼントしたんだろうか…と疑問に思った事が一点あり、問い合わせしようかな?と思ったのですがスケジュールがあまりなかったので、個人的な疑問に制作さまの手を煩わすのもなと思い諦めました。

 

 

制作秘話と申しますか、アル戦の時と同様、アイテムの細かいのを描くのが結構好きでして、今回お話頂いた時に、来年春版のキービジュが動いてたので、進撃のキャラが沢山いたりする内容だと受けれないな…と思っていたので、兵長一人だけなら大丈夫だろうとお引き受けしました。

 

 

今回難しかったのが、指定されたプレゼントの配置場所です。高さがあるものはわりと置きやすいレイアウトなんですが、平面的な物体を認識できる位置に置かなければならないので、ちょっと描き直したり、ディスプレイに頭を使いました。

 

 

描くのが一番難しかったのがチェス盤一式です。レイアウトも弱広角にしているので、パースに合わせつつ細かいパーツを描くのもかなり神経を使いました。

 

 

オセロと違ってチェスだと駒と位置に全部意味があるので、ネットでチェスの試合の配置を検索して配置しました。昔の世界大会の配置を参考にしたんですけど、まんまだとあれなので方側は手が当たって倒れたように見せてます。

 

 

なのであのチェスはかなり高度なゲームがやりとりされていた事になります。一人でやったかもしれないし、誰かとやってたのかもしれないし、そこはご自由にご想像下さいませ。

 

 

いつもこういう絵を描いてしまうと、仕上げ様と特効様に申し訳ありません!!と土下座の念を送ってしまいます。普通の版権より高カロリーになってしまうので申し訳ない申し訳ない…と思っております。ご作業頂きまして本当にありがとうございました。

 

 

このイラストが沢山の方々に喜んで頂ける事を願っております。

 

 

では、いつも最後までお読み頂き、どうも有難うございます。

サークルANIMUSの新刊やアニメ作画本グッズなどがこちらで通販出来ます。

BOOTH通販サイト