名場面集

こちらゲームセンターにて設置してあるSEGAさんのアーケードゲーム「頭文字D ARCADE STAGE Zero」開発チームの方々が新劇場版の名場面集動画をUPされておりました。

 

 

新劇の繋がりで引き続きお仕事させて頂いていて、、たんにDをやってたのがライデンに私しかいないってだけですが…。車に詳しくない私でもDzero開発チームさんが作った動画が凄く面白かったです。というかこの動画のおかげで「へぇ~そうなんだ」と思ってしまってすいません監督。

 

 

その監督にもLINEでべた褒めですよ!!と送りつけたんですけど(笑)とても喜んでました。

 

 

サーキットを借りて音取りした時のプロデューサーの話とか凄く面白いんですけど、実機の音はやっぱ大事なのだなと動画をみて思いました。

 

 

SEGAさんはDのゲームを昔から長年作り続けて知識やこだわりも沢山築き上げてると思うので、作品への熱量が凄いと思います。

 

 

個人的にアーケードゲームのインフィニティのオープニングムービーが凄く好きで。大好きなのでプリントアウトして壁に貼ってます。ほんとに。

 

 

3Dの原作再現が秀逸で、ほんと凄いなと思います。いい感じで可愛くてとても好きです。ミリ単位で調整してると思うんですけど、モデリングめちゃくちゃ大変だったと思う…原作のどの絵を抽出して最終的にフィックスするかって頭パンクする作業だと思います。

 

 

Dを再現するのはかなりテクニックがいるし難しい。過去のテレビアニメシリーズをデザインしている方々はもちろん私も存じ上げてる方々で、リアルキャラクター描画がトップクラスで上手い方々ばかりです。

 

 

すごくテクニックがいる作品で描いても描いても悩むし、つくづく絵の上手い原作のアニメは困るーって思うんですけど

そこから学べることが山のようにあるので、精進していこうと思います。

 

 

アプローチ的に今後挑戦してみたいとするなら、どうしても作品的にアニメだと劇画で濃い作画になってしまうんですけど、

原作のカラー描画のような水彩表現が今後出来たらいいなと思っています。

 

 

アニメイラストでも爽やかな表現がもっと出来るといいなと思ってるんですけど、劇場作品の流れがあるって前もプロデューサーに単行本の表紙を見せて、この絵で描いていい?って聞いてみたんですけど劇場の絵でって発注じゃんと一蹴されました…。

 

 

自分から行くとだいたい駄目ですね…。アルスラーン戦記ED演出の中山さんの時みたいに「あれで描いて?」と注文されるものですね。

 

 

そういう時に描くのが相応しいのかもな……と思ってオファーが来たら可能な限りお受けしている日々で、ちょっと今わんこ蕎麦状態ですけど筋トレしてるんで何とかなるでしょう…。

 

 

何とかなったらゲームセンター行ってきます。100円玉をコインゲームのように使うねと言われるわたしです。

 

 

それでは、いつも最後までお読み頂き、どうも有難うございます。

原作再現の探究の道は長い…。

BOOTH通販サイト


サークルANIMUSの新刊やアニメ作画本グッズなどがこちらで通販出来ます